ウォーターサーバーについて

ウォーターサーバーは、安全な水を安心して、のめること、味も、やはり、普通の水道水では、あじわえないです。使っているウォーターサーバーによっては、あったかいものも出ます。料理などにも便利に使えます。暖かい美味しいお茶をいれるのもらくですね。ウォーターサーバーがあれば、ワンラク上の生活ができていると言っていいです。水は、人間の八割をになっているとも話に聞いたことがあります。

体の内部に取り込むにあたり、それだけの比率のものに、少しでもいいものを取り入れてあげて、悪いはずが絶対にないです。最近、水道水がまずくてたまりません。多分、ウォーターサーバーの水を飲んでいるからだと思います。今から、暑いので冷たい新鮮な水を飲むのは、ウォーターサーバーからのものがいいと思います。水道水は、洗い物や掃除洗濯などに回して、口に入れるものと、そうでないものを分けてあげる生活をしてあげたほうがいいと思います。

そうすると、やはり、私事ですが、最近の体調は、かなりいいです。他に何を変えるでもない普通に朝起きて仕事して帰って寝る生活の中で、水道水とウォーターサーバーの違いが使い続けるとよくわかりますよ。かなり調子がいいです。寝起きもよくなるし、綺麗な水で体が満たされれば、血液の循環も元をたどれば、水がもとていろいろなせいぶんがまざりあっているのです。水が悪い度その下がダメなので、血液の循環も良くなくなります。逆に血液の循環が良ければ、健康的だし、美容にもいいです。食べ物や美容液エステで綺麗になろうとしても、根本的に血液循環が良くなければ、効果も薄れてしまいます。

運動している方、ダイエットしたい方も、まず、水が良くなれば、こうかてますよ。ちなみに、ウォーターサーバーを使ってから、何も運動していまいのですが、5キロは痩せました。コストもいいと思いますよ。1日、2リッターは、人間水を飲まなければならない何て話も聞きますが、ペットボトルだと、500の水コンビニで150円くらいを4本。一ヶ月で、18600円ぐらいになります。その分ウォーターサーバーのほうがお得です。

あとこれはあくまでよだんなのですが、もし、災害などで水道が止まってしまったりした時の備えとして、水さえあれば、人間は、長時間からだをいじすることができます。みんながウォーターサーバーを持っていれば、助け合い水を分けてあげることもできると思います。このようなことが、ウォーターサーバーの利点です。

ウォーターサーバーで嬉しい3つのコト

いつでも冷たい水、熱いお湯が使えます!

会社でウォーターサーバーを導入していますが、作業後で火照ったときや、寒空で凍えた日など、今すぐ欲しいタイミングで利用できるので非常に重宝しています。また、サーバーが一度に蓄えておける水とお湯の量は、それぞれで1.5~2.0L程ありますので、複数人で使用する場合も心配ありません。

また、ボタンを押すだけだったり、コックをひねるだけなどの簡単操作で利用できるため、普段のようにボトルのキャップを開けたり、ポットを操作したりなどということもありません。さらに、機種にもよりますがチャイルドロック機能がついた機種もありますので、小さなお子様がいらっしゃる家庭でも安心して利用することが出来ます。

気軽に始められます!

サーバーを利用するにあたって重要視していたのは、費用と設置スペースです。費用につきましては、メーカーからのレンタルが基本になりますが、そのレンタル料は月額1500~2000円程度です。月の電気料金については機種によって変動がありますが、おおよそ500~1000円程度です。続いて、水の費用についてですが、1Lあたり100円程度となります。

1日あたり2L消費するとすると、日割りで約300円程度となります。この内訳をみると約200円が水ですから、ウォーターサーバーが占める費用の割合は3割程度ということになります。また、設置スペースについては、サーバーの機種によって寸法は若干異なる場合もありますが、奥行き30~40㎝程、高さは120㎝程のスペースとコンセント1つさえあればどこでも利用できますので、あまりスペースが取れない場所でも利用することが出来ます。

手軽に続けられます!

ウォーターサーバーを利用するにあたって最も心配していたことは、サーバーに取り付ける専用のボトルの補充を続けられるのか、ということです。1つあたりにおおよそ10~15L程度入っており、それらが複数詰められた箱を買いに行き、それを利用場所に運び込むというのは大変骨の折れる仕事です。

しかし、その心配はいりませんでした。なぜなら、水の取り換えボトルは業者に依頼して利用先まで配送してもらうことができるからです。わざわざ重いボトルを買いに行く必要がありませんので、普段買いに行く時間が無い方や、重いボトルが詰められた箱を持ち運ぶのに億劫な方でも気軽に始められると思います。また、空になったボトルは、次のボトルを配送してもらう際に業者に回収してもらうことが出来ますので、余計なゴミが出ないところも嬉しい点です。

コメントは受け付けていません。